【トップページ】 【レッスンプラン】 【企業赴任前集中コース】 【生徒さんの声】 【お問い合わせ】
【生徒さんの声】

NEW!Y.Kさん
 上海赴任後、欠かさず持ち歩いている「メモ帳」がある。そこには、李先生から教わった色んな中国語の言い回しが綴られている。家族や仕事の話。さらにはスイーツや芸能人、中国共産党の話題までネタは尽きない…。
 中国への赴任が決まり、40才で始めた中国語。何度も挫折しそうになったが、褒め上手の先生の言葉に支えられ、いつしか中国語が好きになっていった。仕事が不規則で、遅刻することもあったが、嫌な顔一つせず、逆に気遣ってくれた。中でもLINEで送った日記の添削を書き写した「メモ帳」は、自分だけの最高の教材となっている。
 上海生活を始めて9か月。日常生活はなんとかやっていけるようになった。だが、上達への道のりはまだ遠く、努力が必要だ。今でも時々、先生から激励のメールが届く。またいつかあの教室で、李先生の授業を受けたいと思っている。



野津 麗子さん
 夫の上海赴任が決まり中国語を勉強したいと友人に相談したところ、教師経験の豊富な李先生を紹介してくれました。体験レッスンで先生の人柄に魅かれ受講することに決めました。1日2時間X週2回、計24時間の短い期間でしたが、ピンイン・声調から始まり、買い物やタクシーに乗る場面で使う中国語まで勉強することができました。レッスンを録音することもできますし、中国の習慣について授業の合間に話してもらえたので、独学では得られない良さがありました。上海に来て授業で習った値切り交渉や量り売りは当初から役に立っています。またようやく3ヶ月が経ち、耳も慣れてきたようで少しずつ「単語」から「文」として聞けることができるようになりました。今は週2回レッスンを受けていますが、来年は大学で勉強する予定です。これからも成長し続ける上海とともに、自分も成長していけたらいいなと思っています。



K.Tさん
 以前数ヶ月中国に留学していたことがあり、日本でも続けて勉強したいと思い、出会ったのが李先生の中国語教室。プライベートレッスンでは、テキストを使用してもしなくても自由。希望する授業方法で対応して頂けるところがとても魅力的です。
 現在は日常会話中心の授業ですが、勉強をしているという感覚ではなく李先生のところにちょっと遊びに来た感じで楽しく通っています。先日台湾旅行で実践する機会があり、現地の人達との会話が以前よりもスムーズになっていることに気付き、自分のレベルアップを実感でき、嬉しかったです。プライベートレッスンなので、他の生徒さん達との交流は少ないですが、忘年会などでお会いする機会があり、頑張っている話を聞くと、「私も頑張らないと!」という気にさせられます。そのお陰で今年は中国語検定を受験してみようと思っています!!(第72回中国語検定にて見事3級に合格しました!!)




高橋 綾子さん(31)
 中国語はある程度分かるけれど、もっと流暢に話せるようになりたい!
 そんな時に出合ったのが、この教室でした。ホームページを見て問い合わせたのですが、そこに掲載されている先生の笑顔とホワイトボードに書かれた文字の美しさに惹かれのが始まりです。
 私は話すより書く方が得意でした。授業では日々書いた中国語の日記を先生に添削していただき、翌週間違った所を中心に会話練習を行っています。まずは書いて、構文を覚えて、会話に生かすというプロセスです。なのでテキストは使っていません。ベースは自分が書いた文章ですから頭に入りやすく、文語と口語の違いを理解しながら勉強できます。こうして自由に取り組めるのも、この教室ならではの魅力ですね。
 李先生はとても熱心に教えてくださるので、次も頑張ろうという気持ちになります。これからも継続して勉強していくつもりです。




C.Tさん
 中国語を勉強してみようかな・・・・・・軽い気持ちで習い始めて半年がたちました。「外国語を習得するのは簡単なことではない」というのが持論ですが、中国語も例外ではなく、習い始めて1ヶ月は発音の難しさに四苦八苦しました。挨拶や短文がでてきた頃から中国語を話しているなぁと実感することができ、毎回授業に行くのが楽しくなりました。今では、短い文ですが、先生と簡単な会話をすることができます。会話はもちろんですが文法もしっかりと習うことができ、中国語検定対策もバッチリです。また、授業の合間には中国の文化や習慣についても聞く事ができ益々中国に興味津々です。
 先生はとても話好きで親しみやすく、色々と相談にのってもらったり話を聞いてもらったり・・・・・・尊敬する先生であると同時に何でも話せる友達です。先生と中国語でペラペラ〜と話せるようになるのが目標です。




Y.Mさん
 私は時計の販売をしています。
 最近、中国からの観光客の方が多い為、中国語教室に通っていたのですが基本的なマニュアルの授業の為、仕事で役立つ事が少なく悩んでいました。そんな時、インターネットで日中カルチャースクールのページを開いてみると授業の風景と先生の素晴らしい笑顔が目に止まりました。その後ろのホワイトボードには何と手表(腕時計)と書かれているではありませんか!これには本当にビックリしました。
 きっと私と同じ様な販売員さんも通っているんだろうなぁと思いました。実際通ってみると、私がインスピレーションで感じた通りの先生でいつも質向には納得のいく的確な答えが返ってきます。仕事中、お客様が書いた紙をそのままFAXし、返信預けるので本当に実戦でも役立っています。
 今後も中国の文化のお話も聞きながら楽しく通いたいと思います。




堀岡 幹彦さん
『中国語との出会い“目からウロコ”』
 私は事情があって会社を昨年7月57歳で退職しました。縁があって健光療術学院で中国式推拿を葉学院長から学んでいました。ある時雑談の中で奥様が中国語を教えていることを知り、語学にはあまり自信がなかったのですが、思い切って9月から勉強する事にしました。李先生の授業を受けてまずびっくりしたのは、テキストだけでなくその時々に中国の人の習慣や暮らしぶりを紹介してくれることです。文化とはこんなに違うものかと“目からウロコ”が落ちた気持ちです。一つ例を上げると、前回の授業で、時計をプレゼントすると大変失礼になることです。これは時計の発音“鐘”と終了の“終”の発音が同じで動詞の「送」をつけると「人生の最後を送る」という意味にも聞こえるからです。
 この様にテキストの内容に関連して、色々な事を教えてもらえるので非常におもしろく、何か得をした気分です。又、授業は会話中心の実践向きで楽しいです。先生と楽しく会話出来るように頑張ります。