1936年 旧大日本空手道松濤會


○船越 義珍 初代会長(兼大日本空手道松濤館長)

− 船越義珍はただの達人ではない。
  誰よりも平和を願う一人の拳聖(※)である。−


【功 績】
 船越義珍は沖縄県に於いて、小学校の校長を歴任した教育者であり、武道家でもある。中国から伝来した沖縄県の拳法を日本本土で始めて普及させ、空手道の武道化の取り組みの中心人物となったことで、古典空手道(唐手術)から近代空手道への源流を作った。唐手術から空手道への改名を行い、新たに組手の導入や武道性の高い空手道を目指すために空手道20訓を定めるなど、空手道を学んだ者たちがそれぞれの立場で社会貢献を果たし、平和の道を築く事を理想とした人物である。
 1921年、昭和天皇陛下から空手道の指導を賜ってから、日本本土に空手道の指導のために上京。1936年、慶大、一高(東大)、商大(一橋大)、日医大、早大の関係者が中心となり、船越義珍を会長とする旧大日本空手道松濤會を結成した。また、1939年、日本本土初となる旧大日本空手道松濤館道場が豊島区目白雑司ヶ谷に建設されている。船越義珍は、空手道の発展のために流派を立てる事を好まれなかっため、船越門下生がこの道場の名を下に松濤館流と名付けている。しかし、1945年第二次世界大戦による東京大空襲で、旧大日本空手道松濤館道場は焼失した。また、戦後、日本は全面降伏によりポツダム宣言受託後、占領下に置かれ自主権を一時的に失っていた。GHQの政策により日本の武道は戦争を助長させたとして禁止となり、旧大日本空手道松濤會の活動を一時解散せざるを得なかった。
 1948年、船越門下生は稽古再開のため、武道ではない新しいスポーツとしての名目で、空手道の統一流派を目指し、慶大、拓大、商大(一橋大)、早大、中大、法大、専大等の関係者で日本空手協会を設立した。当時の日本空手協会の最高師範には船越義珍が新たに就任している。しかし、1958年、武道禁止令全面解除後、日本空手道松濤會の稽古再開と共に、空手道の競技化に反対姿勢を持っていた船越義珍は日本空手協会の最高師範の辞任願いを提出し、別々の道を歩み始めていた全ての船越門下生を公平な立場で見守りながら生涯を終えられている。また、船越義珍は、中国武術の文化を継承する沖縄の唐手術を日本の本土に初めて紹介するだけではなく、日本が誇る伝統武道の一つにすることを呼び掛け、唐手術と武道の精神を兼ね備えることで、沖縄唐手術を近代空手道へと生まれ変わらせた先駆者でもある(写真 : 東京大空襲)。

※ 船越義珍の人物像
 「義珍の拳」(今野敏)と映画ベスト・キッドの少年ダニエルを指導した空手家ミヤギ(宮城)は船越義珍を演じたものではないが、船越義珍の人物像を考える上で参考になる指導者像と言える。



1958年 日本空手道松濤會再発足(再開)


○船越 義英 二代会長(発足後、初代会長)
 1945年、東京大空襲の爆撃で神聖な松濤館道場焼失と戦争により、多くの若武者たちの命が失われた。敗戦後の日本が、欧米文化を積極的に取り入れて高度経済成長を進む中、武道空手の復活に向けて情熱を持つ松濤會の草創期の侍たちがいた。空手道が新たにスポーツ空手への道に進もうとする中、彼らが時代に逆らっても実現したかったものは、東京大空襲で焼失した「旧大日本空手道松濤館」の再建だけではない。松濤會の復活と共に、日本人の伝統文化(崇高な道徳心)を蘇らせて、日本人の誇りを取り戻すことにあった。そして、最後に空手道によって、日本の新たな時代を切り開くことを志した男たちである。
 1958年、武道禁止令全面解除後、船越 義英は戦後に生き残った者として、亡くなられた有志の残心の想いを受け継ぎ、失われた武道の魂と日本人の誇りを取り戻すことを目的に、旧大日本空手道松濤會復活への実現の必要性を提言した。船越義英(船越義珍の長男)は、終戦後に武道禁止令で強制解散状態にあった日本空手道松濤會の活動を再開させ、日本空手協会から独立した当時の早大空手部OB等を中心に、日本空手道松濤會の組織を再編させて再発足させている。(在任期間:1958年〜1961年)

○廣西 元信 三代会長(発足後、二代目会長)
 1933年、早稲田大学ロシア文学科に入学と同時に、空手部に入部。1942年、船越義豪の師範代として、東亜外事専門学校(麗澤大)、大倉高商(東京経済大)で空手指導。旧大日本空手道松濤會の筆頭理事に就任。1948年、船越義英と日本空手協会設立に参画。義英第二代会長逝去後は、理事長として松濤會存続と発展に貢献している。また、優れた語学力でマルクスの研究を行い、経済学著書を残している。
 1964年、第二次世界大戦で敗戦し急速な復活を遂げた日本が東京オリンピックを開催し、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な時代を迎えた。松濤會活動再開に尽力した当初の志を失うことなく、船越義珍師範に託された想いを守り抜くために武道空手への人生を生涯貫かれている。また、1995年、松濤會空手のさらなる発展のために第三代会長に就任した中興の祖である。
(在任期間:1995年〜1999年)

○高木 丈太郎 三代理事長(発足後、二代目理事長)
 1946年、中央大学入学と同時に、空手部に入部。中央大学卒業後、三菱地所入社。1987年三菱地所社長に就任し、米ロックフェラーを買収するなど大きな話題になった。その後三菱地所会長及び相談役を務めるなど実業界での功績も高い評価を得ている(2003年旭日重光章受勲)。旧松濤館道場設立から再建まで尽力してきた廣西元信第三代会長(早大)と同様松濤會及び松濤館道場の再建に大きな貢献を果たした。
 廣西元信の後、高木丈太郎が第三代理事長(中大)に就任した。江上二代館長から継承した空手技術の伝道として、武道空手の歴史を継承しようとする草創期の中央大学、専修大学に加えて、学習院大学、成城大学の大学空手部の結束を高めて松濤會空手の発展に尽力されている。(在任期間:1995年〜2016年)

○中尾 秀光 四代理事長(発足後、三代目理事長)
 1968年、九州大学卒業と共に、三井銀行入社。三井住友銀行空手道部にて文武両道の精神で空手道に精進され、2001年三井住友銀行専務取締役など歴任。誰もが切磋琢磨できる空手道の道に尽力している。(在任期間:2016年〜)

※ 日本空手道松濤會会長は、日本空手道松濤會に加盟する本部道場及び日本、世界各国の支部道場の長としての役割。2007年からは特定非営利法人化により、理事長が会長職に相当する。



1976年 本部道場松濤館を再建


○江上 茂 二代館長(再建後、初代館長)(在任期間:1976年〜1981年)
 1931年、早稲田大学空手部創設者の一人、船越義珍(ふなごし ぎちん)に師事し、船越義豪(ふなごし よしたけ)と共に空手技術の研鑽に励む。1939年、陸軍中野学校教官として武道指導。戦後、武道禁止令全面解除と共に1953年、早稲田大学空手部監督(〜1955年)に就任し、早稲田大学空手部(元松濤會所属)等を中心として競技空手ではない武道空手の合同稽古を関東の大学空手部で再開させる。その後、合気武道から発展した親英体道の井上艦昭から学んだ柔拳思想に大きな影響を受けている。
 1976年、東京大空襲で焼失した大日本空手道松濤館の精神の継承を師匠船越義珍の遺言に従い、日本空手道松濤會本部道場松濤館の再建を決意。松濤館二代館長として松濤會空手の基礎作りに尽力。江上茂の生涯は、師匠船越義珍の理想であった人と争わないための平法の空手道の実現に生涯を捧げられ、師弟の道に徹する人生だった。空手道専門家に贈る(江上茂著作)にて、「恩師、船越先生のお示しになった方向性を誤りなく、一歩でも前進させ得て、ほんの少しでも、道友諸兄の為めに「道しるべ」ともなり得たら幸いです」と言葉を残している。松濤會は船越義珍を生涯師匠として技と心を守り、先人から受け継がれた無形文化遺産を後世に継承しなければいけないという志は江上茂の魂であったとも言える。江上茂は絶大な指導力で松濤會をここまで発展させた実質的な松濤館再建の祖である。













○高木 丈太郎 三代館長(再建後、二代目館長)(在任期間:1995年〜2016年)

 理事長の略歴に同じ













○瀧田 良徳 四代館長(再建後、三代目館長)(在任期間:2016年〜現在)
 1964年中央大学に入学と同時に空手部入部。副主将を務める。1998年中央大学空手部監督として多くの学生の育成に尽力し、2016年松濤館第四代館長に就任した(在任期間:2016年〜)。
 一般的に空手道の団体は、格闘技としての強さのみを追い求める団体は多い。しかし、松濤會はそのような団体とは一線を画して、強い者が強くなるための空手ではなく、誰でも心身共に強くなり人生に希望を持たせることができる空手道の道を切り開いている。松濤會魂は歴史文化の継承、豊かな社会人教育、平和文化などを空手道の稽古・礼儀から養い、実生活に生かせる空手道に取り組んでいる。
 瀧田館長の空手道に対する熱い情熱は、様々な人生の課題解決を求められる現代社会の中で、空手道の稽古から格闘技だけでなく、質実剛健の逞しく生きる力も自然に備わるように指導をしている。また、空手道の歴史は中国の優秀な官吏育成から広く民衆の拳法として親しまれ、中国の一流の逸材が武徳としての価値を一般のリーダー育成に活かされてきた武道と言える。瀧田館長は武道の稽古の傍ら論語の研鑽を行い、人格形成の向上にも努められ、空手道の稽古から得られる小の兵法(一対一の対戦)から大の兵法(社会的価値への応用)に通ずる道を開き、多様な分野で活躍する立派な人材が育成されることが期待されている。














※ 平法とは、戦全興の鎌倉時代に剣術家によって伝承された言葉である。この心は「平らかに一生事なきを以て第一とする也、戦いを好むは道にあらず」、その教えの根幹は「兵法は平法なり」ということに尽きる。日本空手道松濤會の理念に通ずる道である。


※ 本部道場松濤館の館長は、本部道場として松濤會空手の技術の伝承及び本部道場の長としての役割。


 
−修行者の心得 船越義珍−

 一寸の蟲にも五分の魂のある世の中、進めば進む程口を慎まないと四方に敵を控える。昔から高き樹に風は當る。けれども柳は能く風を受け流す。謹慎謙譲は「空手」研究者の最大の美徳と知るべし。

 
−松濤會空手の理念−

 松濤會は、一人ひとりを大切な同志として接する。段級や役職の違いで人を差別したり、見下したりしないというのは船越初代館長から受け継がれた大切な心得である。
 立場や役職は権威の象徴ではなく、役割と使命の違いである。リーダーは傲慢にならず、稽古生のために誰にでも耳を傾けて、稽古及び人生の悩みを聞いて身を呈して尽くす。これも武道家として、大切な尊い理念である。

 
−孔仁門クラブ指導指針−

○小武人は身を守り、中武人は人を守り、大武人は社会を守る。
○先人の純粋な思いが報われる未来のため、技と心を継承する。
○自分の人生をどう燃やすか? それさえ君の心にあれば、空手道の稽古は人生の教科書に変わる。

− 杉本文人先生の霊に捧ぐ − 



−孔仁門クラブの沿革−

1995年 空手道孔仁門(同好会)発足  
2012年 孔仁門クラブ大庭支部発足(〜2015年まで)
2013年 日本空手道松濤會の支部承認
2015年 孔仁門クラブ創立20周年記念演武大会の実施


−孔仁門クラブ年間行事−

 1月 稽古始め/新年祈願祭
 2月 親子空手
 3月 孔仁門形・組手演武大会
 4月 前期昇級昇段審査会(学科、実技)
 5月 湘南海岸クリーンキャンペーン/松濤會演武大会
 7月 夏合宿
 8月 お盆休み(6日〜15日)
 9月 孔仁門総会(参加対象者:練習生の父母)
10月 後期昇級・昇段審査会(学科、実技)、明治地区ふるさと祭り
11月 学連演武大会
12月 孔仁門演武発表会
    クリスマス会
 ※ 年の最後にアンケートを実施(次年度活動方針の参考)