空手道本土普及の功労者紹介


 松濤館初代館長 船越義珍(ふなこし ぎちん)
 −道徳的であることが、生きる上で最も強い力になる−

 明治元年(1868)、首里山川に生まれる。沖縄県に於いて、小学校の校長を歴任した教育者であり、武道家でもある。中国から伝来した沖縄県の琉球拳法(唐手)を安里安恒、糸洲安恒から師事し、沖縄尚武会会長に就任する。その後、大正5年(1916年)に京都武徳殿、大正11年(1922年)に第1回体育展覧会にて空手を演武し、唐手術から空手道に改名(旧武徳会登録)して空手道の本土普及の端緒を開いた。
 戦時中、教養ある人間教育の武道として空手道を発展させるため、戦争反対者であった船越義珍は戦争のための実戦組手(自由組手)の稽古を頑なに反対されました。その後、1936年大日本空手道松濤會初代会長、1939年松濤館初代館長の時代に武道空手の礎を作り、戦後武道禁止令(1945年〜1952年)が文部省より発令された際には全ての武道の稽古ができなくなりましたが、空手道の稽古を体育教育及び平和教育の道に役立てるため、1948年新たに設立された日本空手協会で最高師範として就任しています。日本本土で空手道の普及の中心人物になったことで、伝統空手(唐手術)から近代空手道への源流を作った。教養、武術、品格を備えた文武両道の人であり、常に平和を願い続けた近代空手道の父的存在である。

【人柄】
○「空手は心で育ち、型から作られる」
 1989年に製作された「ベスト・キッド3 最後の挑戦」(アメリカ映画)に登場する空手指導者 宮城(みやぎ)は映画の中で「空手は心で育ち、型から作られる」と述べています。船越義珍をモデルにしたものではありませんが、船越義珍と同じ人柄と空手理念が描かれています。船越義珍はどのような空手家であったかを知りたい人には参考になる映画です。

【書籍】
 〇義珍の拳(著者:今野敏)集英社
 〇空手道教範(著者:船越義珍)
 〇空手道一路(著者:船越義珍)榕樹書林



歴史と伝統を継承する松濤館

『空手の型は自分を守る「受け」から始まります
 「勝つこと」よりも「負けない」ことが武道の教えです』


        第四代松濤館館長 瀧田良徳

【松濤館道場】
 1945年東京大空襲で「松濤館」道場(豊島区雑司ヶ谷)は焼失しましたが、1976年松濤會門人によって再建(墨田区菊川)されました。




−孔仁門クラブの沿革−
 
1995年 神奈川県広報(神奈川県庁発行)生徒募集
     藤沢市明治公民館を拠点として、藤沢市公認の青少年育成サークル活動として、
     孔仁門クラブ同好会発足  
2012年 孔仁門クラブ同好会大庭支部発足
2015年 孔仁門クラブ創立20周年記念演武大会
2025年 (予定)孔仁門クラブ創立30周年記念演武大会



−孔仁門クラブ年間行事−

 1月 稽古始め
 2月 親子空手
 3月 孔仁門演武祭
 4月 前期昇級昇段審査会(学科、実技)/松濤會演武大会
 5月 湘南海岸クリーンキャンペーン
 7月 夏合宿
 8月 お盆休み(6日〜15日)
 9月 孔仁門総会(参加対象者:練習生の父母)
10月 後期昇級・昇段審査会(学科、実技)、明治地区ふるさと祭り
11月 学連演武大会
12月 孔仁門演武発表会
    クリスマス会
 ※ 年の最後にアンケートを実施(次年度活動方針の参考)









【写真】(ゴミゼロクリーンキャンペーン(藤沢市主催):場所 湘南海岸)









(学生連盟演武大会:中央大学)